電波竿の遊び後時々日記帳-livedoor

大陸在住です。 ここでできる事には限界がありますが、差当りのない程度に日々の生活を遊びに変換し過ごしています。

カテゴリ: オーディオ

NutubeAMPのOPA(MUSES01)に交換音が気に入り、イヤホンとイヤホンケーブルの選択での違いを遊んでみた。

210415_1

Final E5000+オリジナルケーブル→低音がブートされたような音になる。
Final E5000+純銀線ケーブル→低音が締まり高音域の出もクリアとなる。

TRI-i3+純銀線ケーブル→中域が前に出てきて低域が薄っすらボケる感じとなる。
TRI-i3+オリジナル銅線ケーブル→コレがなんと全域フラットな感じと低音の締りが心地よくなる。

Shure535+写真左純銀線ケーブル→低音寄りな綺麗な音になる。
Shure535+Fiio LCD2.5D純銀線ケーブル→全域クリアなすこぶるいい音になる。

DAP直挿しデジタル音とは違った印象になるところが面白い!

特に印象が大きく変わったのが、Final E5000+オリジナルケーブルで、LITTLEbear B4-Xでは鳴らしきれず、音が割れない程度のボリュームで聴いている分には、いい感じの真空管っぽさだったのだが、鳴らし切れるNutubeAMPだと、本来の音である低音が強調されていたような音であることが分かったというべきだろう、純銀線ケーブルにして低音もだが、高温の伸びが良くなり全体的に質の良い音に変化して聴こえるようになったのだと思う。
このようにAMPは只単に音を大きくするだけではなく、潜在している音を引き出してくれる効果もある。その音を引き出す場面でデバイスの特性が加わり、音を伝えるケーブルのフィルタリングも加わり最終的には、イヤホンの最大特性を引き出してくれる役割を担っているのかと!
今までもポタアンと言えるものを、7台使ってきて8台目にして初めて、イヤホンAMPの効果が理解できたように思う。なんとまあ長い年月を要してしまったことか~(-_-)

最近はポーターブルアンプをスマホやDAPに取り付けて、音楽聴くなんて姿は見かけなくなって来つつあるのでしょう。
要因は音のいい多ドライブイヤホンが劇的に低コストになって来たことで、スマホ直挿しでもそれなりに良い音が聴けることが大きな要因と思われます。現実には最近のスマホにはイヤホン端子がないので、Bluetoothイヤホンが主流のようですが・・・

しかしだ!
若人よそれで満足しては面白くないのです。
泥沼引込隊員としては、もっと突っ込んで
遊んでもらいたいのです。

本当のいい音聴いたら、戻れなくなる!
いい音のためなら軽量重装備も、我慢できるようになるのよ~

210414_1
こんな出張などの移動時間を、有効に使いましょう~
あっ・・・降り忘れに注意!!

210414_2
車窓パノラマに合わせての、音楽鑑賞なんてのも
いいものですよ~

時には
210414_8
駅そばで、ちょいと一杯なんてのもいい
音には関係なで・す・ね~(^o^)

210414_3
出張から変えると、変換プラグが届いていました。

Φ3.5P不平衡端子をΦ2.5R平衡端子にの変換ブラグです。
イヤホンケーブルがΦ2.5P平衡端子となっているため、Nutubeアンプに繋げるための変換プラグです。ストレートプラグは左の変換プラグ使うと長くなり、ポッキっと折れる可能性もあるので、右のケーブルタイプを使います。L型プラグなら左の変換プラグでも良いでしょう。

変換プラグ使って、何して遊ぶ?

210414_4
OPAMP交換してみました。

この機の実装がNJM4580でしたが、付属のMUSES01やLITTLEbear用に買ったOPAに変えたりし、音のバリエーションを楽しんでみた。ついでに他のOPAも・・・ポチ!週末公開!なんて大げさなものではないですがね~^^;

今回の驚きこと
210414_5
なんとFinaiのE5000を鳴らし切るのです。
LITTLEbear B4Xでは音割れするのだが・・・
このアンプは見事に、低感度イヤホンの音を出してくれます。

こんな小さなアンプですが、底力満点です。\(^o^)/

210414_6
コスト的には中間搾取込みで、日本の1.5倍価格でしたが

210414_7
こういったところで、回収ができます。

本末転倒といえばそれまでですが、部材が低コストのため容易に実験もできるし、遊びの幅を広げることができる。こういったところがこの国の良いところでもあります。当然ニセモノ噛ませられないようにの研ぎ澄まされた目利きも必要ですがね!^^;
しかしニセモノも大したもので、え~こんなに安いの~って価格に設定してありますので、相場なりのものなら大概OKです。

半田のいらない組み立てキット
210409_11
Nutube基板にクッション貼って、結線ソケット差し込み

210409_12
取り付け、ナット締め付けて基板完成

210409_13
ケースにネジ留めし、蓋締めて完成
アクリルの蓋は手締めビスなので、電池交換に工具はいらない

210409_14
なに!・・・この音

オリジナルのままでこの音・・・^_^
マニュアル通りだと真空管らしい音の設定だ。
明るい音で、音量が大きい
好きな音で、不平衡でも分離感はしっかりある。

210409_15

LITTLEbearが角の取れた丸い音だが、コイツの音はその丸い音とは正反対の刺々しく荒々しい音だ、当分この設定のまま聴いて、後ほど音を変えて見よう。

明日から週末の出張で世間は休日なので、電話もメールもない音楽三昧の高鉄移動ができる。初の真空管AMPでのポタアン旅です。^_^

NuTUBE管キット?が届きました!
不平衡AMPなんて買う気なかったのだが・・・NuTUBE管の音ってどんなものよ!それに音色調整ができる回路ってどんなんものよ!スペック見れば見るほどそそるものがあるんだよね~^^;

しかしだ!KITといっても
210409_1
箱のイラスト通りのKIT
半完成品なのです!

フルキットの半田からの製品もあるそうだが、こちらではこれしか手に入らなかった。デバイスの容量確認しながら組み立てたかったが、しょうがないですね。

久々に見るMADE IN JAPANが眩しい\(^o^)/

210409_2
梱包内容 間違いなく基板には部品が載っていますね~(-_-)

210409_3
こんな形していても、真空管なんですね!
マイクロフォニックが出るのだそうです。

LITTLEbear b4-x最初はマイクロフォニック音(キ~ン)出なかったのですが、最近はジャックを刺すと聞こえるようになった。イヤホンからと思いきやAMP本体から聞こえます。真空管が浮いて来たのかもしれませんが、据え置きの音楽鑑賞ではAMP自体が振動するようなことがないので、再現しませんが、外出しだとどうなんだろう?電車の振動とかで再現するのだろうか?やってみたいような~鳴き癖がつくと怖いような~ちょいと複雑な気持ち!

210409_4
2個の半固定抵抗とスライドSWで、音色の調整ができます。
真空管らしい音とHiFiな音とは?

210409_5
回路図も付属しています。

親切な取説久々に見ました。日本語はいいですね~(^o^)

総務から「打ってみる?」「証明書くれる?」「こんなカード・・・」いつ?「昼から」ということで、チャイナワクチン打ってしましました。

色々評判の良くないワクチンだが
Chinaワクチンでも証明効果あるかなと期待し、打针
210406_1
会社のある村の診療所で、順番カード
20人ほどセットで3階へ、氏名住所電話番号で登録

冷蔵庫から出したのが、四角い箱に一回分の注射液、細い注射器で上腕部に筋肉注射「この箱もらっていい?」「だめ~これはゴミ」と笑顔で拒否された。30分長椅子で休憩し、終了のチェックしハンドソープもらて第一回目が終了、2回3回目の日程はショートメールで連絡くるとのこと。

210406_2
登録窓口脇の注意書きです。

話はころりんぱと変わって、真空管AMP+DAPのタンデム接続
本日ゴムバンドとDACケーブルが届きました。

先ずは素の音を
210406_3
平衡接続と不平衡接続の聴き比べ

210406_4
お次はAMP接続での、平衡接続と不平衡接続の聴き比べ

平衡不平衡/AMP有無の差・・・想像通りの差が出た!
ついでに

210406_5
この差も・・・磁界平板ドライバーを再認識!!
FinalのE5000、何だったんだろ・・・・ω・
磁界平板ドライバーに比較すると、なんと陳腐な音なの~
このイヤホン何に合うのか、益々わからなくなる。

210406_6
SR25とLITTLEbear B4-Xほぼ同サイズ
単品で見ると、大きく見えるLITTLEbearだが、意外と小さかったと気づく、SR25と抱き合わせると、マッチしたザイズ感です。
しかし真空管AMPは発熱があるので、放熱が必要

210406_7
AMPに脚ゴム貼って4mmほどの隙間で、エア放熱させます。

実はNutubeAMPを密かに狙っていたのですが
210406_8
組立KITは不平衡AMPだったので、先に不平衡
接続の試聴を行ったのです。今まで不平衡接続で聴いたのはE5000だけだったが、磁界平板ドライバーは今日が初めての平衡端子での試聴でした。平衡だと左右の分離が明確で音場が広がっていたことに再実感、平衡端子から不平衡端子に接続すると、音が凝縮して中央に集まったように聴こえ、ごちゃごちゃした感じにも聴こえる。モノラルの方がスッキリかな?!、やはり音として楽しむには平衡端子接続が良さそう・・・
と言いつつも気になるNutubeKITですね~だが・・・こちら価格は、33K円!改造費込みのLITTLEbearでも半額くらいだから、すこぶる割高感があるのよね~^^;

今回入手は AZLA Sedna LightとAZLA Sedna Shortのチップです。

210313_1

大きな違いは軸部の長さと内外径です。

210313_6

他にAZLA はSednaEarfit XELASTECという形状記憶型も所有、以前の好みはJVC Spyraldotだったのだ、今でも愛用の一品だが、今回のイヤホンでは低音が若干損なわれるようです。その他で一番多いのが、FinalのTypeE耳へのフィット感は良いのだが、若干軸内径が小さく装着すると先すぼまりになり、音の抜けがイマイチで合わない!リースブルなSONYこれもたくさん所有し、イヤホンを選ばないオールマイティー的なのだが、繊細な中音を出す平板磁界ドライバーでは、もうちょっとリップが硬いチップが良いかなと、AZLA Sedna Shortにしました。

210313_2
なんだかんだと多くなって来ました。
こうやって見るとComplyが一番多かったです。^^;
消耗品なので、ついつい買ってしまうのね!

210313_3
メージとして左が長軸、右が短軸品です。
イヤホンステムスクリーンの、深度が違ってきます。
音をゴムに反射させるか、ダイレクトに外耳に反射させるか!
またゴムに反射させるゴム硬度でも、音の変化があります。

210313_4
AZLA Sedna Shortを装着した状態
深すぎず浅すぎず、口径もストレートな装着です。

ブログ書きながら115時間エージングの試聴です。SR25DAP+USBDAC+真空管AMP+TRI i3 クラシックを聴いています。ピアノ・バイオリンや金管楽器が素晴らしい!低音も締まっていて心地よく消えていく、高音はステム内のBAが刺さる感もなく適度に奏でています。どのドライバーも主張するわけではなくいい感じに、平板振動板のクールな感じをイメージさせてくれます。多BAとはまた違った締まり感です。桑田佳祐のボーカル聴いているが、SR25のボーカルの近さが若干奥になたような感もある。心地よい低音感がそう聴こえさせるのか・・・
平板磁界ドライバーはパワーが要るとのこと、このボリューム感はスマホでは鳴らしきれないのかも知れないですね。
音楽って良いね。聴く道具次第で何度でも味わえる。(*^^*)

エージング続行とも思ったが、これで完成としても良いんじゃないかい!思わず踊ってしまうような切れの良い低音が体に心地よい・・・これだもの沼から抜け出せません!今回の沼は中古から始まったリースナブル大成功沼でした~\(^o^)/

話はくるりんぱと変わって昼飯こと

今日は天気が良かったので自転車で街まで
スマホの画面の角にクラックが入ったので、ガラス交換とも思ったのだが・・・店覗くと2021年版が色々出ていますね~10億色画面なんて物もあり、色弱でも色を感じる事ができるとか!ただブラリ説明聞いて来ただけですよ~!
210313_7
さっぱりそばで、お昼ごはんだったのだが・・・

緑のチョット硬い食感の物体が沈んでいた。そばと一緒にヒト噛みして物体の存在が、頭に浮かんだ。青唐辛子だ!!吐き出すのも何なので、そのまま飲み込んだ胃が辛い、汗が吹き出る!そばで胃の辛味を薄めるが、汗は止まらない、ホットなそばでした。・ω・

なんで青唐辛子入なんだ!!!

なんとなく漢字から想像するに、ダイナミックドライバーのように感じるのだが、”平面”が気になるので調べてみました。
210308_9
白矢印のフィルムに赤のパターンが印刷、これが平面振動板
磁界駆動とは、ピンク矢印の格子磁石に振動板が挟まれています。

こんな音だそうです。

余韻のないような、切れの良い音です。

これを製品化したのが、Unique Melody社(China)の”ME1”
カナル型イヤホンです
210308_7
大径ドライバー、横に大きなエア抜き穴があります。

210308_8
DAPが小さいって事もありますが、結構なボリュームです。
なんと振動板径が、18mmもあります。
2017発表のイヤホンです。

それを進化させて小型化、低コスト化して2019年に発表したのが
TRI i3です。
前モデルのTRI i4はBA+DDの2ドライバー構成でした。

210308_2
TRI i3は平面磁界駆動版だけでなく
ダイナミック+BAの、3ドライバー構成になっています。
モデルNo.からすると、前モデルと逆のように感じるが
欠番復帰ってところか、3ドライバーの”3”なのか?

外観は
210308_1
ピッカピカのアルミメッキ仕様、見た目は綺麗だが・・・
指紋が目立つし、ベースがアルミなのでぶつければ凹む!
塗装仕様なら目立たない部分が・・・扱いが大変そう

210308_3
付属のイヤピースと銅線はいらないかな~などと独り言

年代的に古いが未知の振動板、体験してみたい~
またしても増えるイヤホンには、ちょいと抵抗もあるし・・・

それならば~この手で

じゃん!
210308_4
来ちゃいました!

210308_5
ピカピカです。

だけども~中古品です!
自称数回使用の中古品とのこと
200時間エージングしてから、聴き込んで見ます。

買ってから2度目のFWアップしたのですが、サイト見ていたら・・・ちょっと危険そうなバグがあるとのこと!
210116_1
↑画像クリックすると、メーカーサイト”ご注意”にとびます。

ボリュームが落ちるならまだいいが

マックス150になったら・・・

イヤホンを思いっきり、引き抜くことになります。
結果
有線の場合、MMCX端子を痛める。
はずみでイヤホンが運悪く、セメントにでも当たろうものなら
ぶっ壊れます。
Blutoothイヤホンなら・・・
思いっきり引き抜いて、どこかにほうり投げてしまい
行方不明になるか、やはりぶっ壊れます。

本機をお使いの方なら、それなりのイヤホンかと察します。

私はBlutooth接続を本機では行っわないと決めていますので、安心すがね。ちなみにスマホ→BRT5+有線イヤホン使いとしています。

ところで今回のVerUPでストリーミングの強化とか
出ていたので、試しに
210116_2
QQ音楽のストリーミング
70年代ミュージック聴いてみる。

青春時代だもの、懐かしさ100%全開となるわけだが
電池消耗激しいので、要注意ですね。

210116_3
家で聴く時はこれだね。
DAP+DAC+真空管AMP+アンバランス接続+E5000
文書だとややこしいが、接続はいたってシンプル!

バランス接続も良いのだが・・・明確に音が聴こえるってのは、あまりにもリアル過ぎるって面もあり、くつろいだ時の私には音場感は必要ないかな~(^o^)

早起きしたわけじゃないが、よっしゃ!と起床しアンテナの整備、YouLoopアンテナ給電部に分配器取り付け、基板むき出しなので基板を曲げないようストレス掛けなく結線です。お次は作業部屋のループアンテナマストの補強、Φ20の上にΦ25被せての二重化

201226_1
真直になるように設置しケーブル固定です。

201226_2
太くなると、見た目にも安心感があります。

お次は昨晩中途半端な結線をまとめ上げ、紙SP箱に穴開けしPVC管ジョイントのパイプ入れての、フロントバスレフ化!飛行機の乗れない腹癒せに、航空社のシールをパタペタ貼っちゃいました。
201226_3
Fiio A3 PortableAMPは、背中に接着しました。


紙箱エンクロージャーの共振が、柔らかい音にしてくます。
FMなのだが、モノラルでもありAMチックな音にしてくれます。
バスレフの効果は・・・それなりに低音も増したかな?!^^;

それに比較し、こちらの音の方が音が良い^^;
201226_7
タブレット→Blutooth→小さな丸い7cmのSP
このSPの筐体はアルミ削り出しです。こんな小さな箱なのに低音も出すし、澄んだ爽やかな音も出すのです。デジタルですね~ だからといっても紙箱SPは決してもいい音ではないのだが、自作の自負感90%ありますが、ラジオと接続すると、聴き疲れしないAMチックが良いんですよ~ヽ(=´▽`=)ノ

今週の栄養補給
201226_5
ダチョウのレバーと焼きナス胡椒味

201226_4
高鉄飯、キャベツとナス炒め
ナスが好きなんです。

201226_6
キノコ炒めとトマトスープ+ワカメスープ

旬のみかんは毎日10個以上食べてビタミン補給しています。

停電の報道が流れているようですが、都市部は大丈夫です。江蘇省の工業区は今の所計画停電の通達はありませんが、浙江省は計画停電となっている地区もあります。十数年前みたいに工場に発電機設置企業も出てきいます。年間で一番忙しい時期なのに困ったものです。

DSP SDRとか言っていましたが、紛らわしいので「MalaHit SDR」と呼ぶことにします。2代目のダイヤルノブ交換したのですが、どうも操作していてしっくりこない・・・そこでノブ追加購入

201128_1
最右のOriginalは別して、種々揃えてみた。

ダイヤルピッチが18mmと狭いので、サイズの制限がある。

201128_2
組み合わせは色々

左上はオリジナル、右上は前回のもの

結局

201128_3
下は前回の色違い、上は新規品

下のノブとローレットの目を、合わせたのです。

ローレットには”平行”と”アヤメ”があります。

前回の組み合わせは、上:平行 下:アヤメだったのです。

この違いが違和感のもとであったのと、色がチョット青黒!

今回は真黒とシルバー!左のバンダとの対象感を意識^^;

201128_4
今朝は出張なしの、6時起き短波です。ヽ(=´▽`=)ノ

3台で聴き比べ!見比べ!

途中ではございますが、なにか感じませんか!?

傾斜立ちするはずのない機たちが、胸張っています。

201128_12
はい!背中にスマホスタンド貼ってみました。

回るし極薄の1.8mmですので、畳んでも邪魔にならない!

話を戻します。

同一アンテナを分配接続です。
201128_5
上下機の波形差がああります!おかしいです??

下2台目のMalaHit SDRの感度が、低いです。

設定のPreAMPをONすると信号は振れるが、混信する~

PreAMP外して、しばらくすると・・・おや??

201128_6
同一波形で、Sメータもほぼ一致に振れています。

201128_7
左から右への変化に約5分要する。

真空管機より長い暖機運転が必要だ!!

それに波形見ていると、約定期的にお化けも出現してきます。

201128_8
写真の時間差あるので、フェージング時間差で

信号強度の違いはありまが、概ねほぼ同一な受信性能です。

問題は冷体起動から約5分で正常作動になる、果たしてこれが正常というのか?お化け差もこの現象に起因するものなのか?、購入元へ連絡してみると、TCXOクリスタルの性能差とか言うが・・・周波数安定度には問題がない、とにかく返品代替えとなった。ノブのみオリジナルにして返品です。脚にスタンド貼ってあるので、たぶんこのケースで帰ってくるだろう。なにはともあれ売り逃げ屋じゃ、なさそうなので一安心。

またしても話はくるりんぱと変わって、イヤホン

SHUER SE215 の200時間オーバーのエージング終了

85時間とどう変わったか!出力ボリュームが8ポイントほど

高くしないと以前のボリューム感がない!

本当に老化したのか??(´・ω・`)

音は低音の締まり感が出て、広域の抜けが良くなった感じ

単体でDAP聴きすると、他と比較するので

明瞭感、音域ともに情けなさは感じるが・・・

対象相手が悪いよね~

しかし

SE535との差が縮まった感じになったので

本来の目的BTR5へ戻すこととした。
201128_9
このセットでSR25接続より、スマホ接続方が

音の丸みが出てマッチするようだ。

Blutoothの接続に差があるのは、事実です。

スマホはやはり送受信機なのですね!^^;

SE25とBRT5接続で隣同士に置いてあれば問題ないが、左右のポケットに、胸と尻のポケット分かれると途切れ方が半端ない、アンテナの取り回しとか通信機メーカーと音響メーカーの性能差は明確ですので、この辺も音に影響するのではないかな?と言うことでSR25とのBlutooth接続は諦めた。お隣同士では無線の利点ないですからね!^^;

201128_10
DAC有線接続にも、ちょいと+αしてみた。

DACに延長ケーブル50cmを追加した。

曲選択とかにAMPごと、持ってくる必要がなくなるのよ!

201128_11
ブログ書きながら、FinalE5000を不平衡駆動で聴いています。

まろやかな音でグレン・ミラーなど、ゆったりと最高な気分!

ウッドベースにうっとりで~す。

誰がなんと言おうと真空管の音です。

外は寒い!今日もインドアのみでした。

このページのトップヘ