電波竿の遊び後時々日記帳-livedoor

大陸在住です。 ここでできる事には限界がありますが、差当りのない程度に日々の生活を遊びに変換し過ごしています。

カテゴリ: 自転車

5月1日~5日まで休暇です。ただし関係会社が2~3日間休暇が多いので、何かあれば出社の条件付き落ち着かない5連休です。・ω・
さ~て毎年のことだが、この休暇第一日目は春の衣替えシーツ布団カバーの洗濯に布団干しと、夏物への布団に交換なのです。布団や洗濯済み布団カバーにシーツはベッド下収納なので、朝から洗濯し乾いたら衣替え本番となります。相変わらずだが、布団カバーの装着が一番嫌いな仕事です。・ω・

洗濯もの乾くまでにOPAチェックです。^^;

210502_1
先週の出張でV5i-D OPAしっかり聴き込んできた。

210502_2
今回はOPT9902SQとOP06ATをの視聴です。

ところが・・・OPT9902SQ大きくて入らないのです。
電池に乗り上げます。・ω・

今回OP06ATのみので検証します。
OP06ATはOP01ATの上位バージョンであるのだが、V5i-Dの代替えと評されるOPAなので、期待しているのです。^^;
但し・・・発熱量が他のOPAより大きく、熱い!
よってなるべく、高さを下げ表面カバーと接触回避必要!

210502_3
台座外すとてんとう虫の足みたい・・・気持ち悪いね・ω・
低くするため足を短く、曲げ角度強く矯正していたら・・・

ポキン

210502_4
虫の足が根本から・・・取れた!・ω・
拡大鏡付きワーク押さえクリップが大活躍し骨折修復
OPAの付け根に、Φ0.25ジャンパー線を移植半田
そのジャンパー線と台座を半田し復旧

台座への半田で足半田取れるかと思ったが、セーフでした。
210502_5
醜い半田ですが、機能するんですよ~^^;

210502_6
高さはフロント板取り付けボスより、1mmほど低い
フロントパネルと1mmの空間があるのだが・・・

気になるので、温度測定してみました。
一時間ほど聴いてからの測定なので、最高温度になっています。
210502_7
作業台温度27.6℃にて、フロントパネル表面温度40.6℃

では内部のデバイス温度を測ってみましょう
210502_8
OP06AT表面温度47℃、Nutubeで40℃

PC樹脂の耐熱温度は120~130℃程度とされているので、直接触れたとしても50℃以下の温度なので大丈夫なのではあるのだが、直接接触はやはり怖い!たった1mmではあるのだが空気断熱があることで一応安心としておこう、熱分布見る限り電解コンデンサへの熱影響もないようなので、ギリギリ安心かな~^^;

ところで音質なのだが、流石にV5i-Dの代替えバージョンと評するだけの事はありそうだ、V5i-Dの低音の切れを良くしたような感じで、また音域のボケをスッキリした感じで、OP01ATに低域を載せ広域を明るくした感じかな・・・、V5i-Dの狙いとは別のベクトルに向かっているようで、V5i-Dを進化させてもこの音にはならないと思う。まさにOP01ATを進化させた物といっていいだろうし、MUSES01の全域を広く、深く、高くしたような、もっとふくよかな大人の音になったようなした感だ!
MUSES03はシングルなのそのまま使えず、聴くことできませんが、MUSES03を2台積んだOPAがあるならば、聴き比べてみたいものだ。
修復骨折OPAへの愛着もあるし、この音は気に入っているので・す・が、こうも音の変化楽しめるなら、もうチョットOPA交換の浪費旅も続けてみるかな・・・^^;

話はころりんぱと変わって、二日目
水道蛇口緩みの修理で一時水の元栓止めていたのだが、開くトイレ便器裏から水漏れ!急に水圧が掛かりフレキシブルパイプの継ぎ目パッキンから水が漏れ出したのでした。なんだかんだと水周り問題の多い部屋です。結局工事が中途半端なんだろう。そんなこんな普段できない事やっています。ついでに流しの蛇口交換しようと注文したが、連休で明けの休日に交換だな。本来大家責任での交換なのだが、安いし面倒なので、自己交換します。

続いて自転車メンテナンス
210502_9
チェーンのメンテナンスと足回りの整備です、
ブレーキ調整、ホイルのメンテナンス、チェーンのクリーニング、電装類の充電、タイヤも磨いて空気圧調整、ホコリ一つないピカピカな車両整備!消防署自動車の整備並になりいつでも出動OKです。

追記:USB-CケーブルDAC写真

感染者が出ると、居住区と氏名が公開される。今回始めてだが近隣に陽性者が出ると隔離情報に加え、隔離に至るまでの立ち寄り先や時間も公開される。また立ち寄り先出の接触者、立ち寄り後に店等に入店した人をとりあえず隔離しPCR検査、数日間隔離し再PCR検査で陰性の場合、家庭に戻れる。
会社でも一人、陽性者が携帯電話屋に立ち寄った後に入店したためご主人本人が隔離、奥さん(社員)子供も隔離PCR検査、再検査共に陰性で帰宅だったが、先週いっぱい休暇とし本日再度3回目のPCR検査で異常がなければ、明日以降出社とした。

キツイ処分のようだが
社内に感染者が出ると、営業停止になるのです。
210418_1
こんな公開情報が、スマホに入ってきます。
実は私の住んでいる団地の西門前の道路も移動していて、店に立ち寄っていたのです。しかし幸いに先週は土曜日から出張だったため、私とはすれ違いで立ち寄り場所には行っていないので、セーフでした。出張中に事態を知ったので、出張から戻っても西門は使用せず、南北門を利用し出入りしています。私のよく行く麺屋にも立ち寄っているため、店は営業停止となっているようだ。当分自炊生活でしのぎます。
プライバシーなんて無いといえばないのだが、初動対策は万全に越したことはないので、日本もある程度の犠牲を払っても、徹底的に対策すべきと思う。日本で陽性になった知人の話聴くと、収容先が明確でなかったことに加え、出先でも地元でも居住拒まれたそうだが、地元での隔離後問診だけでPCR検査もなく、開放になったとのこと!そんなんで良いのJAPAN!!

話はころりんぱと変わって、自転車
最近電動自転車(バイク)のヘルメット着用チェックが厳しくなった。無ヘルメットは20元の罰金なのです。私の自転車は補助電動車なので、電動自転車の部類には入らず、純粋な自転車扱いなのでヘルメットなしでもOKだが、純粋な自転車乗車時はヘルメット着用します。電動より自転車の方がスピード出るし乗車位置が高いので自己防衛、電動は買い物お使い程度なので帽子だけ被ります。

最近グラグラするなと思っていたら・・・
210418_2
スタンド支えているボルトが、一本()脱落していました。
シフトワイヤークランプボルト()も・・・
点検怠っていましたね・ω・
早速六角穴付きボルトで固定、組立不良だったのか?
今度緩んだら、ネジロック塗布して、締め上げます。

春の息吹
210418_3
ベランダの観葉植物が、何やら水滴を出しています。
新しい葉が出るようです。

またまた話はころりんぱと変わって、AMP
210418_4
OPA祭りの選手たちの集合です。

210418_5
甲乙つけがたい強豪者たち
価格で順位をつけるのは簡単だが、そうではないところが
難しいのです。!

一個一個聴き込んで、判定としようと思うのだが
7種の音を記憶できるのかい!!??
だよね
勝ち抜きトーナメント方式で決めるかなと思うのだが、イヤホンの特性や音楽ジャンルによっても印象が変わる。さてさてどうなることやら、1個を決めることができるのか!ケーブルももう一本用意しているので、到着次第OPA祭りを開始いたします。
そうそう
210418_6
SR25DAPでアナログ(AUX)出力設定があることを発見
DAPのΦ3.5イヤホンジャックから出力します。
出力電圧で、4種の設定があります。
USB-DAC出力が最も良い音質かと思っていたのですが、いやいや安物のUSB-C端子内臓のDACはやはりそれなりのようです。聴き比べてわかるアナログ出力の良さ!このAMPだけに言えるのか分かりませんが、とにかく音の延びが違うように聴こえる。
それならばと、ラジオのFMをAMPで聴いてみた。イヤホン出力端子からの出力だが、ボリューム設定で飽和しないように入力させれば、いい音でラジオが聴けます。AMの音楽放送にも良いかも!^_^

写真のイヤホンですが、SONYのシングルBAのイヤホンなのだが、これがNutubeAMPに合うんですよ~!低音から高音まで鳴らしきるし、音場感もあります。ボーカルもしっかり艶々の音を奏でます。耳掛けではないので、普段聴きにはもってこい!コイツも新たな発見でした。

追記:USB-CケーブルDAC写真
210419_1
DACチップ(ALC5686)内蔵USB-C端子
+銀メッキケーブル+Φ3.5端子
これで1K円チョットの価格、普通にUSB-DACってもっと高価なものと思っていたのだが・・・スマホのアナログ端子よりは、このUSB-DACがいい音になるのは理解できるが、Audio機器としてのDACとしてはどうなんでしょう。こんなものでと言ったら失礼かと思いますが・・・こんなものです。
そもそもSR25にライン出力があるって事自体、DACが内装されデジタルアナログ変換されて出力されるのではないのかと!^^;

自転車2台に盗難防止装置が付いています。電動補助車はサドルの中に収まっているので、こんな事故は起きないのですが、18インチ車はサドル高が低く、スプリングレール内に収まらず、裏返しに取り付けていました。

200906_11
こんな取り付けで、サドルから飛び出ていました。

本日自転車の掃除をしていて

思わずサドルを持ち上げた時・・・

バキ!ガチャン!

盗難防止装置が落下したのです。

200906_13
取付具が見事に3分割!

サドルを持ったつもりが

飛出たあ盗難防止装置指を掛けてしましい

装置根本の取付具を、割ってしまったのです。

(´・ω・`)

200906_12
このようにサドル内に収まっていれば問題ないのです。

ということで

サドルポストへ取付の金具も有ったのですが

サドルポストが太くて取り付かず。

それじゃ取り付けるバーは・・・

200906_14
こんな所になりました。

テールランプの役割はしませんが、防犯装置にはなります。

^^;

この装置、動作確認の音は聞いているのだが

実際動作している音を聞いたことがなかったのでテスト


うるさいです。

これなら人混みでは、盗難防止効果にはなるでしょうが・・・

人気のない場所ならどうでしょう?

簡単にバキっと、折れるようなもの

金具が落ち

取り付いていた痕跡すらなくなるのです。!

やばい!

人気のない所に放置することは、ないので問題ないですが

装置としては、完璧ではないですね。

装置を見えない所に、設置するとか

鍵との併用は絶対必要な防犯手段です。

ウエストバッグが間に合わなく、サッと取り出せる物入れには不便なのだが、それは置いておいて漕ぎ出しましょう!
国慶節一日目は台風の影響もあり時々霧雨
二日目曇りで洗濯に部屋掃除
三日目晴天!よ~しベットの布団入れ替えだ!
寝具カバーの大洗濯だが半日で乾く洗濯日和でした。

四日目も晴天今日は自転車に乗るぞ~

191005_2
向かったのは南です。

191005_3
湖の畔にこんなレンタルショップが!
レジャー業が着々と根付いて来ました。
 もうチョット綺麗なショップにしてもらいたいものだがね~^^;

191005_4
蝶が道端に!

散水車が通った跡に舞い降りた蝶ですが、給水タイムのようです。

191005_5
途中はこのような自転車道が続き快適です。

191005_6
昼は軽食!クレープみたいだが
中身は肉に生野菜、漬物みたいなものが入っています。
箸休めが混在したような食べ物
粉系好きではなのですが、これは美味かった。

191005_7
常州と無錫の境目です。
もうチョット南下して時計見ると14時です。
湖の南端まではまだ有る。一周して戻るにはスタートが遅すぎた
ま~一日で走り抜く体力もないですがね~^^;

191005_9
一日の行程です。
右のコースで南下し、左のコースで戻り
矢印ポイントが市境地点です。

191005_10
こんな小さな湖も一周できないんだから
大湖一周なんてま~ず無理なことですね。(・。・;

191005_11
昨日の行程78.8Km
最大標高110mとありますが、自宅エレベーターです。
この標高データですがスター地点と終点の標高差が、15mほどあります。この機種の標高測定がGPSなのか気圧センサーなのかわかりませんが、精度が良くないのは事実です。
IGS20

昨日まで出張でした。帰りの高鉄チケットが手に入らず500Km車で帰って来たのだが、運転手は250Km戻った地点が常置場所のため、私を送ってからのリターンなのですが、中秋節イブ道路は車で大渋滞でしたので、帰りもご苦労さまなことでしたでしょう。

さて二週間ほどブログサボっていましたので
まとめ書き!

9月に入り学校が始まりバス内がまたしても賑やかに!(・。・;
ネットのバス位置情報を最大限に活用
それと
国民的特性を逆利用し・・・

快適通勤 \(^o^)/

190913_1
”我先に”の国民性をチョイと利用します。^^;
上の赤丸バスは先のバスと間隔が空いていますが、青丸バスは前のバスの2~3分後を走っています。バス停で待っている人民は赤丸バスに我先にと急ぎますので、一本後に乗車するとガラガラな状態で通勤できます。(⌒▽⌒)
9月の初旬、最高気温25度ほどのチョット寒い日があり
鍋恋しく・・・
自分で作ってみた。

190913_2
具は葉付きの大根とイカです。
スーパーで新鮮とは言えないが、美味しそうなイカを発見したので
イカ大根なるものを作ってみた。
190913_3
大根は先に煮ておいていので、トロトロで美味しいです。
ニオイ消しの生姜がキモですね。
\(^o^)/\(^o^)/
自分で作ったものは美味しいのです。

コスモス
190913_4
190913_5
工業団地で見かけた9月です。

誕生月でございます。
(・。・;

話はころりんぱと変わって
現在ビザ書き換えでパスポートなしです。

パスポート面、まだ有効なビザ面、最近の入国スタンプ面
それと
公安のビザ更新パスポート預かり書のコピーを
パルチッコして持ち歩けば、国内は飛行機にも乗れるそうです。
高鉄もホテルもそのルールが分からないのだが
公安の書類は黄門様の印籠みたいなもの
「控えおろう~」

またまた話はころりんぱと変わって

190913_6
自宅のノギスです。
アナログノギスで先日3mmと4mm読み間違えて
間違ったボルト買ってしまったので
バーニア線の読みに限界を感じ、デジタルにしました。
デプス精度は0.03程度のズレ有るが、まあ~使えるレベルです。

チェーン交換のツーリングにて、初めてスマホ取付けたのだが
地図用のスマホ位置が垂直設置で、自転車下りての確認となるため

不便なので、ホルダーを新調したのでした。

190913_7
ネジなど全く見えず、たぶん最もスリムなホルダーでしょう。

しかし・・・

素直には取り付きませんでした。

190913_8
結果から言うと点線部をカットしたのでした。

リューターで削り出したのだが、中々捗らない!

ならばとノコギリでカット

190913_9
使った道具たち
会社でグラインダー削りなら簡単なのだが、非力機器では大変でした。

190913_10
削っては切り出し、ヤスリで平行度仕上げ
最後は寸法測定し、取付部より0.2mm程短くし終了
30分程の格闘でした。

190913_11
早速ノギスが活躍です。

190913_12
黒のタッチアップし天日干しで完成

190913_13
ハンドルポストトップに削ったベースを取付けます。
上の写真の赤い管にベースが当たるので、削ったのでした。
ベースにスマホ取付け台をボルト締めします。

190913_14
スマホに取付け板を貼るのですが、オフセットです。
センターに取り付けると、左隣のサイコンが見えなくなるので
右にオフセットし設置です。
チョットミスったのが、シフトインジケータのH側(左)が
見えなくなることですが、下りでもなければ最高速使わないので
良しとしましょ~^^;

190913_15
カメラのホルダートップをねじ式に交換しました。
写真のようにカメラが直接取付けできます。

カメラの取付け金具は色んな形のものが、ふんだんに付属してくるのですが、ボルトは黒い樹脂にボルトが埋め込まれたものが付属して来るのだが、あれがどうも無骨で気に食わないので、なるべくシンプルに設置できる方法を目論んでいるのです。

あ!ちなみに写真のSONYカメラは取付け方の見本です。
このカメラでの動画は今までのカメラと変わらない720です。

さて何が取り付くのでしょう??

190913_16
ラジオが微妙に左に傾いているのは、アンテナ干渉対策です。

スッキリしたハンドルトップになりました。^^;

道具の第二弾、ディレイラーハンガー曲がりチェッカー兼矯正機
ディレイラーハンガーはオリジナルを使い購入品は予備にストック

190831_2
まずは取付けビスをボルトに変更

十字頭ビスではトルク掛けれないが・・・
六角穴付きボルトならしっかり締込みできます。

ハンガーの取付けがしっかり固定したところで

矯正に入ります。

190831_3
矢印対角のリムとの寸法差を測り、平行度を確認します。

離れている側にバーを持ってきて、タイヤ側に押しつけ矯正します。

このハンガーアルミではなく鉄製なので、#6000や7000台のアルミに比較し柔らいので、力を入れ過ぎると曲がり過ぎますので注意です。この作業を上下左右で矯正し360度でほぼ均等になるようにしますが、チョット気の長い作業になります。最大差5mmで勘弁してやろう!

”0”にするなどできない~  (>。<;

この作業お気づきでしょうが、自転車を床に寝かせて行っています。

本来ならば、自転車を持ち上げるスタンドがあれば
もっとスマートに調整できるですが、持っていませんので
寝かせての、胡散臭い作業です。(・。・;

お次は再度ディレイラーの調整
この部分シフトに重要な部分なんですよ~
190831_4
なんで重要か?!
ディエイラーの上側スプロケットと変速ギアスプロケットの位置関係なのですが、ディレイラーが左右に振って変速ギアの位置にチェーンを導くことにより変速がなされる訳ですが、チェーンは横に曲げるとそれなりにしなり柔軟性が有るため、変速ギアスプロケットにより近い位置にチェーンを導かなければ、スパンスパンと小気味良いシフトができないのです。離れているとガチャガチャガチャンとタイムラグがあり、気持ちの悪~いシフトになります。
この調整ですが、折りたたみ自転車の場合、折りたたんだ時のチェーン長さの関係もあり、折りたたまない自転車のように極限の状態まで追い込めませんので、ビスが抜けない程度の最大値までディレイラーを接近させて置きます。
近すぎるとどうなるかというと、ペダルを逆回しした時にこのスプロケット間でチェーンをうまく送ることができなく、チェーンが詰まった状態になり回らなくなります。チェーンが逆にスムースに回る程度で、なおかつスプロケット間が最短距離になるピーク位置がベストポイントになります。

190831_5
どうです綺麗に平行かつ一直線にチェーンラインが決まりました。

とまあこんな調整を行ってテストランです。



短い距離のテストランでしたが、スムースなシフトしてくれました。

最後はお決まりのタイヤフキフキしての車庫入れです。

やっぱり動画綺麗ではないですね。
YouTuberではないが、もうチョット高画質な録画にしたいな~

ラジオ修理にキリが必要な場合あるのだが、リーマでごまかし穴空けしていたのだが、ドライバーセットにキリが有ること知ったので、充電電動ドライバーセット買ってみた。

190828_11

BOSCHブランドだが・・・made in china
浙江省で作っているのは知っていた。

販売数も多いし安心できるかな~^^;

と思いきや!・・・

後部のダイヤルでトルク調整できるので、1番の弱いトルクで椅子のネジを締めてみたがラチェットが空回りする様子もなくビットが・・・舐めてしまった!!

190828_12
付属の+ビット使ったらモロクも・・・逝ってしまった。

舐めてしまったビットの硬度測定するとHRC51 一緒に買ったビットセットの硬度測るとHRC58、輸入品と称しているだけの事はありそうだ。しかしボックスレンチはお世辞にも良さそうとは言えないな~
キリは丸のシャンクがなく、シャンク部は対面6.3mm六角なので一般のキリは使えないので、六角にカシメているキリで、当面使いそうな径のキリを買い足した。ラジオ修理にはアルミや樹脂筐体が加工対象なので、軟弱そうなこんなキリでもOKでしょう!^^;

190828_13
手袋古くなってきたので更新
まだ使えそうで、もったいないようだが・・・
転倒して引き裂けるような、古い手袋では危険ですので
ヘルメットと同時くらい、定期的交換するのがよろしいかな~

手袋のサイズだけはメタボになりません!LはチョットブカブカでMサイズがぴったりなのです。他の衣類はLサイズなのだが、手だけはMサイズなんです。^^;

本題本題

ディレイラーハンガー見つけました!!

闇雲に探しても見つからない場合は原点に戻って、この自転車カスタマイズ車で有るので、ブランドらしいものがないのだが、組み上げてもらった店に確認したら「有るよ!」とのこと、チョットお高いが「送ってよ!」ということで、あっけなく取寄せ成功なのだが・・・

190828_14

予備も含めて2個入荷したのだが・・・

目視でも曲がっているのがわかる??

平行度測ってみたら・・・

190828_15
うむ・・・やはり平行度が出ていない(;・∀・)
と言うかバラバである。

では曲がりを数値化してみます。
190828_16
傾き大きい方で10mm程度の距離で、0.35mmの傾きが有る!!

こんなものなのか??店に確認すると
基本的に調整するものだから、そんなものだろうとの事

「そんなもの」(;・∀・)

じゃ調整機有るのか聞くと「有る」とのこと
売ってくれと言うと店用だから、問屋に聴いてみると事

しばらくして返事、扱数が少なく今は在庫がないとのこと

それrならばと自力で探すも、名前が分からない・・・(;・∀・)

写真から検索って手があるので、Amazonで画像ゲットし、淘宝で画像検索すると・・・台湾製で有りました。頻繁に使うものではないので、リーズナブル品をポチ!ハンガートータル4個買い2個はボツ、おまけに曲がり測定矯正機を買う羽目に・・・はなっから矯正機買うのが正解だったな!ボリボリ(;・∀・)
190829_4

最近工具類が増えてきたな~

引き出しに入れてあったもの並べると・・・
190829_5

結構な量になるので、今の工具箱には入り切らない

はいそこで、整理整頓!
190829_2

どうせならと最大の4段引出しの工具箱ゲット!
写真だと大きそうなキャビネットに見えますが
520✕218✕358サイズはそんなに大きくないが
9.8Kgだって!!
重い!(;・∀・) バスで搬送は無理みたい~

引き出しも有るし、使い勝手が良さそう!

道具集めついでに、小さなドライバーセットも・・・
190829_1
+ーの精密ドライバーセットって有るじゃないですか!
アレのビッグ版っていうか・・・先端取替で

12種48本を使い分けられます。

△も有るので、Sonyのノイズの出ない3Vスイッチング電源分解できる。電池管ラジオのDC-DC B電源ノイズ対策のヒントが得られるかな~(^o^)

Nurseさん指摘の通りになってきたかな・・・修理屋?

あっそうそう、ハンガーの話に戻す。

このハンガー取付はM3✕10の+頭の皿ビス3個で固定しているのだが、こんな小さなネジに+頭ならすぐ舐めて駄目にしてしまうので、六角穴付きステンレス皿ボルトを取寄せました。
190829_3
しっかり固定のネジは六角穴付きじゃないとね!

+頭だと”ビス” 六角穴付きだと”ボルト”自己流の割り切りです。

今週の土日は休み!何が何でも休み!

金曜日の夜なべです。日中換装まで待てません~^^;
190818_1
まずは新聞紙敷いて床の養生です。

チェーンを落とします。


ミッシングリンクは簡単にチェーンを切れます。

190818_2
外したKMCチェーンです。

190818_3
次はディレイラースプロケット交換です。

190818_4
外した部品です
左のガイドは磨いて再実装します。

190818_5
下は右回り、上は左周りしますのでこの向きで組みました。

190818_6
長いので4コマをコマ抜き機で抜き落とします。
右の古いチェーン、若干伸びていますね。

190818_7
工具の外側を使い開いて、ミッシングリンクを取付けます。

190818_8
裏から見たシルバー感!センスいいね~\(^o^)/

給油し何回かシフト切替しギアに油なじませたら、布でチェーンオイルとギアのオイルを拭取って換装完了です。再度ディレイラーのシフト調整ですが、新しいチェーンにするとワイヤーを伸ばす方向(アウターナットを右回し)に調整でした。微調整は実走しながらになります。

190818_9
エアチャージはタイヤ表記MAX85PSIにしてみます。

190818_10
サブ装備
古いスマホの地図ソフトを利用し離線地図を最新おきますが、自転車での移動範囲は限定されますので、隣接市の地図のみアップデートしておきます。ハンドルポスト下にあるのはetonMINIラジオSPで聴きながら走行BGMにします。(⌒▽⌒)

テストランです。


サドルの中央抜きが非常にいい!!
股の間に当たるものがなくるのだが・・・その分サドルサイド足の付け根に当たるようになるのだ!だが・・・このサドル賢いところはサイドのクビレ部(足の付根に当たる部分)から先端にかけて後ろより柔らかくなっているので、当たりがソフトなのです!!ハンドル前後、高さ、サドル前後、高さと座るポジションをベストにセッティングしたらいい感じになりそうだ!

KENDAのタイヤ前のタイヤに比べると、ゴム質感がありパタン溝も多いしタイヤ圧を85PSIにしている関係もあり、すこぶる路面接地性がよい!走り出しの初期はタイヤが路面に吸い付く感じで、ハンドの自由度がなくフラつきながらの走行となったが、1Kmくらい走れば慣れるものだ。^^;

190818_16
10Kmくらい走ってワイヤー長の再設定です。
シフトUpとDownが微妙にズレるので、もうチョット走り込んで再調整です。

190818_11
脇道にそれて息抜きです。

190818_12
昨日走った道路は長江沿いの道路で、最終的には上海浦東に行けます。
200Kmくらい先ですがね~^^;

190818_13
常州隣東側の江月市の長江渡し船乗り場
船で北に渡りたいが、とにかく暑くて体力が持たなそうなので今回はここを折返し地点とします。

190818_14
先に見える観覧車が常州の入り口です。
途中水買うこと3回、昼にスープ麺も食べて水分たっぷり補充しているのだが、全て汗でトイレに一回も行くことがなかった。
観覧車はどこ?
画像をクリックし拡大すると薄っすらと見えます。
サングラス肉眼でははっきり見えたのだが
カメラの目との違いはこういったところに現れるのですね。

190818_15
昨日の走行距離77Km
サドルが上々なので、暑くなければ100Kmも可能だったか!!・・・いや!?その前に体力が尽きるかな~^^;

反省
etonMINIラジオですが、あの位置に設置しての感度不足か?平面スピーカーは指向性があるのか?高音特性のためか?とにかく走りながらSPで聴くには音がすこぶる良くない!

ハンドルポストに合う形状は・・・これでしたね!

190818_17
PL365ですよね~性能良い分、音もいい!!\(^o^)/
ラジオ長いので、バッテリー部がちょうど取付けバンドの位置になり、バンドが視認部、操作部、SP部の邪魔に一切ならない!まるで 自転車専用のラジオのようだ!^^;

自転車整備し始めると余分なところも気になってくる~(;・∀・)

まだチェーン交換もしていないのに・・・こんなことやってます。

190814_1
この三点が自転車の構成バランスを崩しているんだよな~

ということで

サドル

190813_1
ワイド、厚さ強化、中空構造、ショック吸収
の謳い文句

190813_2
柔らかさがバージョンアップしています。

今までのサドルは低発泡ウレタンのカバーを被せ、臀部の痛みを和らげてきました。ソレなりに効果はありましたが、見た目がいかにもカバー・・・駆動系やボトルホルダ交換でのリニューアルすると、この部分のダサさが目立ってくるので、カバー部のクッションをサドル本体でカバーさせ、なおかつ幅広短ノーズにし座り感と自転車全体のデザイン性の向上を図った。折りたたみ自転車はカッ飛ぶロードバイクとは違い、基本サドルに座っての運行となるため、座りご心地と長距離で痛くならないは重要なポイントなので、吟味に吟味した結果のチョイスです。

このチョイス、吉とでますかな~!?

190813_3
新旧サドル比較

裏板はPP素材の柔軟材ではなく、フィラー入の高剛性素材となっいて、姿勢変化しても平行に保とうとの配慮なのだそうです。中央抜穴面積が大きいのは尿道への衝撃干渉になります^^; 幅広はどうなんでしょう?お尻には広いに越したことはないが・・・おしゃれじゃない!!美観ギリギリの160mmです。

190814_2
短めのサドルが全バランス的に収まり良く、いいサイズ感だ!
自己満^^;

後ろの黒いやつ!

そうなんです!
サドルバッグとキャリアバッグを一体化した、大型サドルバッグです。
これならサドルとの一体感が出て、引き締まりおしゃれ~^^;

だが・・・

190814_4
問題も有る
キャリアの前方にキャリアバッグのストッパーアームがあり、この位置にバッグを置くと固定ベルトの長さが足りない、サドルポスト密着の取り付けすると矢印の部分が浮いてキャリアとの一体感がなく・・・やっつけ仕事的で・・・んん・・・美しくない!(*´Д`)

それならばと・・・

バッサリ

190814_5
キャリアのストッパーアームを切り落とし!

スピーカーカット用に買った鋸が初めて役立った!^_^

190814_6
どうです!!見事にサドルとの一体感が出ました。\(^o^)/

今まで買ったサドルバッグも無駄にはしません!

190814_7
取付バンド類の縫製を解して、インナーバッグにしました。

上の写真で黄色の点線部にインナーバッグが収まっています。

大型サドルバッグの先端細形状にフィットするので、インナーバッグとして最適形状となります。白い点線までのシェルが固く形状を保っているのですが、その後方は鯉のぼりの尻尾みたいになっているので、荷物容積に応じて丸めてバックル止めします。

後ろから見ると

190814_3
スカートのような感じで、裾はマジックテープジッパー
材質は?良く言えばバットマンみたいなゴム質的な感じ・・・普通に言えば厚手の合羽みたいな素材で雨には強いだろう。基本雨の日に乗ることはないが、突然の雨には上からの雨やタイヤからの巻き返しにも強い全方向防水構造だ。キャリアバッグなどにランドセルカバーみたいなビニールカバー付属しているが、下からのタイヤ巻き返し水への対策はされていないだろうから、タイヤむき出し車にはこんな合羽バッグがよろしいかと!

190814_14
こんなになるにはどのくらい荷物詰め込むんだろう~?^^;

キャリア切り落とした部分アルミむき出しってわけにはゆかないため、会社でグラインダー掛け、ペーパーヤスリ仕上げ後ブラックペイント、ペイントの乾燥は37度天日干し焼付乾燥です。^^;
190814_8
はい!焼き上がりました。全体にピカピカです。\(^o^)/

実装します。

190815_1
折りたたみを考慮すると、可動できる程度のトルクで締めます。

190815_2
バッグも実装

うむ・・・一体感は出たものの、スマートとは言い難いですね
(;・∀・)

しかし好きな部分が一点あります。

190815_3
このロゴです。と言ってもブランドが好きなわけではありません!

”Rhino”に懐かしさがあるのです。

二十数年前このロゴがおお気に入りでした。
当時はまだほんのお遊びデザイン制作程度でしたがね。
190815_4
このソフトが今に至る登竜門だったわけかな~

^^; はは・・・まだ登竜していないがね! ^^;

190815_5
さて今週末はチェーン、ディレイラースプロケット交換の時間が取れるかな?夜なべ作業は細部がよく見えないので、太陽光の下で作業したいのよね~

190809_1
久しぶりに見たヤモリです。
会社の更衣室で見つけました。

餌の虫の多い会社なの?

まあ~ラッキー印の”家守’ってことでそのままに・・・(⌒▽⌒)

190809_2
今週はこんな山のところに出張でした。

ここは農村料理の店なのだが、写真の森の奥の山!
あの山に”万里の長城”がある。

夕食事後はあの山の”万里の長城”に登ります。

夕食は白酒は控えビールのみに・・・^^;

190809_3

長城といってもいきなり急坂

190809_4
一時間ほど歩いてとりあえずの目的地発見

まだ先は遠い・・・

190809_5
夜になると長城がライトアップされます。

ライトアップは登ってきた道程です。

190809_6
暗くなってきましたが、次の目標地はあそこです!!

そうなんです!山は登った先にまた山あるのです。

麓に下りた時はもう真っ暗な夜

190809_7
公園の夜景が綺麗です。

190809_8
湖面が波打ってなければ、いい絵なんですがね~^^;

話はくるりんぱとかわって

戻ってみるとの届きもの

190809_9
自転車駆動系のパーツ、工具です。

18インチ車タイヤ交換したのだからドライブトレーンも交換期かな!

チェーンはSHIMANOノーマルより三倍ほどおごったKMC

190809_10
デュレイラースプロケットは2種
鋼球ボールベアリング仕様とセラミックボールベアリングタイプ
左赤:鋼球BB 右銀:セラミックBB

190809_11
セラミックBBの内部
ボールはセラミックだが、内外輪は残念ながらPOM樹脂です。

You Tubeなどでセラミックの回転性が良い記事ありますが
・・・
内部を見るとグリスがないので、抵抗がない分スムースに回るように見える?のでした。このままではチョット埃が入るだけで、内外輪樹脂に傷が付きガタガタ!運が悪ければ回転ロックとなるだろうから・・・給油

190809_12
ボールべリングの埃バリアにグリスUPします。

こうすると鋼球BBと同じく、静的な回転が鈍くなります。

190809_13
アップグリスはCastrolのAP2です。
耐熱性が高く、小さいギアの高回転部には向いていると思うよ!

今晩の夜なべ第ニ

190809_14
これ・・・アルミの切子です。

上の写真よく見ると、歯車チェーン当たり部にエンドミル加工時のカエリが!!
放っておけば、チェーンガイドとの摩擦で消ずれた切子がチェーンの内部に入り込み、チェーンリンクを壊してしまう!!かも??; 世間では当たりが出るとか言うが、ある意味当たり出しとは摺動部を研磨しバリ取りしているみたいなものですから、その削れた切子の行方は~ね・・・^^;

190809_15
見てわかる部分は、組込前に当たり切子取りしました。^^;

夜なべ第三

190809_18
プラシチックの野暮ったいドリンクホルダをアルミ製に交換

冷ややかなアルミ銀色にしてみました。硬派だね~

夜なべ第四

190809_19
整備用にリアスタンド設置

やっぱり各車用に必要だよね~電動用にもまた買うかな。

せっかくなのでデュレイラーのシフト調整してみました。
10段のギア中間部でシフト飛びする現象(正確にはシフトしなく次のシフトで飛び越えて正規の位置に入る現象)有ったのだので、どっしりと座りHLのデュレイラー位置の調整、デュレイラーの前後位置調整なのだがオリジナル設定が後方に位置していて、シフトポイントがメインスプロケットの後方過ぎていてシフトし難かったようだったので、20度ほど前に移動させ、仕上げはワイヤーのテンションでスムースにシフトUP DOWNするように調整し完璧!\(^o^)/
チェーンやスプロケット交換したら、又セッティングし直しなのだが、スコンスコンとシフトが切り換わる調整は達成の充実感がある。
またこの微妙な調整さが、アナログ短波機のアンテナのマッチングとチューニング調整みたいで、何度やっても楽しい!!アナログだよね~^^;

その他

欲しかったが、とりあえずL型が有るので後回しにしていたのだが

思い切って揃えてみた。

190809_16
グリップ付きの2,2.5,3,4,5,6,8,10mmサイスを一気に揃えました。

先端ををボール形状ではなくストレート六角バージョンにしました。理由はL型がボール形状なので、ダブル必要もないなってことも有るのだが、ハンドル付きのストレート六角!これなら深い部分でもボルト穴との接触面積が大きく取れ、レンチ先が舐めなくトルクがかけられるメリットがあります。

本当にレンチが舐められないのでしょうか・・・?

ということで会社の硬度計で硬度を測ってみました。

190809_17
L型より4度程高いHRC56.5あります。

最高強度区分の12.9ボルトの硬度はJISでHRC39~44ですので、レンチが舐めることはなさそうですが、トルクオーバーするとボルト六角穴を舐めちゃうかも^^;

今日はここまでで、明日からまた出張なのだが、台風9号が北上し高速鉄路が止まるとのアナウンスもある。災害はゴメンだが・・・チェーン交換もしたいし高速鉄路止まる事態もいいかな!^^;

このページのトップヘ